甲鉄城のカバネリの1話がアニチューブで見れない?無料配信されている代わりのサービス

カバネリ 甲鉄城のカバネリ

甲鉄城のカバネリの1期とは

放送日 2016年4月
全話 全12話(原作1巻〜4巻)
原作 (アニメオリジナル)
監督 荒木哲郎
ジャンル 戦闘モノ・シリアス・アクション
主な声優 畠中 祐・千本木彩花・内田真礼・増田俊樹・梶 裕貴・佳苗・伊瀬茉莉也
甲鉄城のカバネリの1話を見るなら、月額最安値のHuluがおすすめ。最新アニメのラインナップも業界トップクラスです!

2016年4月ノイタミナで放送されたオリジナルアニメです。カバネリは全編に渡って映画を思わせるような演出で本当にかっこいいです。加えて、カバネリの魅力は「戦闘シーン」ですが、これがまた作画すごい。それもそのはずで、カバネリの制作をしたのは「進撃の巨人」を制作した「WIT STUDIO」というところなので、あの立体機動の戦闘シーンをしっかり表現できるところなので、これ以上にない制作体制です。

※上記が戦闘シーンの動画ですが、ネタバレ注意。

さらにすごいのはキャラクター原案は「超時空要塞マクロス」を始めとした名作を手がける「美樹本晴彦」さんで、下記画像などはその雰囲気がすごくわかります。

加えて、カバネリはOPが神で、これも1つの作品と言っていいと思います。ぜひ下記見てみてください。

カバネリが無料で見れる
サービス
無料お試し期間 月額費用
U-NEXT 31日間 月額1,990円
FOD 31日間 月額888円

甲鉄城のカバネリの1期PV

甲鉄城のカバネリの1期OP

公式OPがなかったので、Youtubeで人気のOPを貼っておきます。

甲鉄城のカバネリの1期の1話のあらすじ

世界は噛んだ人間を、ゾンビのような怪物「カバネ」へと変えてしまう恐ろしいウイルスが満映した世界。そのカバネに覆い尽くされた世界で極東の島国「日ノ本」が物語の舞台となる。

「日ノ本」では、駅と呼ばれる砦に全ての人間は暮らしており、その駅間を「駿城」という装甲蒸気機関車で往来していた。そうやってカバネから隔離された堅牢なインフラを整備することで、なんとか生活が保たれていた。

製鉄および蒸気機関生産の行われる「顕金駅」では、かつてカバネによって妹を殺された少年「生駒」が、独自の対カバネ武器・ツラヌキ筒やカバネウイルスの脳への侵食を止める器具など、カバネに対抗すべく独自に研究を行っていた。そんなある日、不思議な少女「無名」を乗せた駿城の一つ・「甲鉄城」が、将軍家のある幕府最大の要害「金剛郭」に向かう途中立ち寄ってくる。時を同じくして、カバネに乗っ取られた別の駿城が、生駒たちの暮らす「顕金駅」へと突入し、顕金駅はカバネに侵入されてしまう。

その騒動の最中「生駒」は侵入してきたカバネに対抗するも噛まれてしまう…

甲鉄城のカバネリの1期の1話見どころ

カバネリ1話

カバネリの魅力はなんといっても「戦闘シーン」のかっこよさと、ライトノベルのような感じではなく、硬派アニメの展開がいいです。

1話はそのカバネリの良さをふんだんに発揮してくれており、全話通しても神回と言っていいとおもいます。正直戦闘シーンは2話が神がかってきますが、1話は主人公の生駒がカバネリに噛まれてしまった後からガンガン上がってきます。

あとは謎多く語られる少女「無名」がすごく可愛いです。

全体通しても「無名」と「生駒」のやり取りは非常に物語を引き立ててくれるので、その最初の出会いである1話もいい雰囲気出してくれています。

甲鉄城のカバネリの1期がアニチューブで見れない?

海賊版サイトの撲滅に国レベルでの規制が走っているため「アニチューブ」などで、カバネリが見れなくなる可能性が高いです。

まず、政府は2018年4月13日に、個人的には何とも理解しがたい玉虫色の発表を行いました。海賊版漫画サイト「漫画村」、海賊版アニメサイト「Anitube」「MioMio」を名指しし、「ブロッキングが適当であると考えられる」と判断し、インターネットサービスプロバイダー(ISP)が主体となり遮断(ブロッキング)すべし、としたのです。
※引用元 なぜここまで話題に? 「漫画村問題」を改めて整理する by ITmedia
上記の通り、漫画およびアニメの海賊版サイトのNo1サイトが名指しで指摘されており、近いうちに全ての海賊版サイトがなくなる可能性が高いです。
さらにこの手の海賊版サイトは「広告」で成り立っているのですが、そこに広告を貼る広告主が叩かれるようになっているので、海賊版サイトを運営する「財源」がなくなる可能性があり、ますます海賊版サイトを運営する側からすると「おいしくないビジネス」になるため、より海賊版サイトの過疎化が進むと考えられます。

海賊版サイトをやる人がいなくなれば、なくなる日もそう遠くないかも。。

甲鉄城のカバネリの1期を無料で動画を観たい

海賊版サイトがなくなると大好きなアニメが無料で見れなくなる。。
TSUTAYAで借りるのめんどくさい。。

ねこ
ねこ

大丈夫!無料でアニメを見る方法はまだあります!

アニチューブ亡き後、無料で動画を見ることを諦めることはありません。

以下がカバネリを配信している動画サービスですが、どれも「無料お試し期間」が存在するため、仮にカバネリを観終わってしまって、継続する理由がなくなった場合、無料お試し期間であれば解約してもお金がかかりません。つまり「無料」でカバネリの動画が見えるということです。

サービス名 配信有無 無料お試し期間 月額費用
Hulu × 14日間 月額933円
U-NEXT 31日間 月額1,990円
dtv × 31日間 月額500円
FOD 31日間 月額888円
TSUTAYA TV × 30日間 月額933円

※上記は2018年5月現在のものです。

アニチューブよりもU-NEXT・Huluが絶対におすすめな理由

アニチューブ自体完全無料で観れますが、U-NEXTなど公式配信サイトが断然お勧めです。

理由はたくさんありますが、まとめると以下のような形です。

  アニチューブ(海賊版サイト) U-NEXT等(公式配信サイト)
料金 完全無料  お試し期間有(1ヶ月前後)
画質 低画質 高画質
オフライン視聴  可能だけど捕まるかも 大半のサービスが可能
配信状況 不安定 安定

料金部分では、完全無料のアニチューブ様には勝てませんが、アニメ好きとして「画質」って捨てちゃダメですよね?あのキャラ、あのシーン低画質で耐えられますか??

いぬ
いぬ

正直、アニメ好きとして最も重要視すべきは「配信画質」ですよね。

だって、アニメの命は「映像」ですし。

安定の高画質で観れるU-NEXTなどの公式配信サイトを使うメリットがあります。

あとは人によりますが、オフライン環境で観れるように「ローカル(自分のスマホ)」に動画を簡単に落とせるといったところもいいですね。アニチューブの場合もローカルに落とせると思いますが、U-NEXTなどの場合はボタン一つでローカルに保存されるので「手間」も圧倒的に少なく、あと「捕まりません」

まとめ

カバネリは続編の映画も実は決定しているので、2018年もう一度ブレイクする見込みの高いアニメです。そのためまずは1期のアニメをしっかりみておきましょう。

コメント